電話占いの料金を後払いで支払うメリット


電話占いの料金支払いの方法は2つあって、先払いと後払いがあります。先払いとは、先に料金支払いだけを済ませた上で、占いのサービスを利用する方法です。後払いの場合は、その料金を後から支払う事になる訳です。

利用した分だけ料金を支払う後払い

後払いは、使った分だけ料金を支払うシステムになります。ある意味、通話料金をイメージすると分かりやすいです。電話の通話料金は、話した分だけ支払う事になるでしょう。
例えば1分間につき8円という通話料で、1ヶ月分の通話時間が30分程度だったします。その場合、その月の通話料の総額は240円になる訳です。もちろん通話時間が40分なら、320円です。
その通話料金は、通信会社から1ヶ月分まとめて請求されるでしょう。上記の240円や320円などの金額を、先払いする訳ではありません。
電話占いの後払いも、それと似たシステムになります。あくまでも占いのサービスを利用した分だけの料金を、まとめて支払うことになるのです。ですから2,000円分だけ占いのサービスを利用した時は、数日後に2,000円を支払います。3,000円だった時は、3,000円を支払う訳です。
先払いは、そうではありません。最初に4,000円などの費用を先に支払っておいて、電話占いを利用する形になります。

後払いには期日がある

電話占いの後払いには、支払い期日があります。支払いの具体的な期日は、占いの業者によって異なります。指定日から数えて5日以内に支払うルールになっている業者もあれば、1週間以内に支払うルールの業者もあります。具体的に何日以内に支払う事になるかは、占い業者の公式サイトに明記されている事が多いです。
そして1つ注意を要するのは、その期日を守る必要があります。延滞は要注意です。延滞してしまいますと、今後は後払いが利用できなくなってしまう上に、占いサービスを利用できなくなる事があります。支払いを放置していますと、面倒なトラブルになってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

利用した分のみ請求されるので無駄が無い

上記のような支払い期日の注意点はあるものの、後払いには色々メリットもあります。その1つは、あくまでも利用した分だけ支払う点です。
2,000円分だけ利用した時は、もちろんそれ以上の金額で請求される事はありません。あくまでも2,000円分だけ支払えば良いのです。
先払いですと、やや多めに支払う傾向があります。2,000円分だけ利用するつもりですが、とりあえず3,000円だけ前払いする事もあるでしょう。2,000円では足りない可能性もあるからです。そして実際に占いのサービスを利用してみれば、利用金額は2,300円だったというケースもあります。やや中途半端な数字が残ってしまいますし、費用の無駄が生じてしまいます。
しかし後払いであれば、あくまでも2,300円だけ請求されるのです。無駄なくお金を支払えるメリットは大きいです。
また上記のように3,000円分だけ支払うのは、「払いすぎ」の状態になってしまうでしょう。後払いなら、それも防ぐことができます。

電話が途中で切れる事もない

また先払いですと、途中で電話が切れてしまう事があります。とりあえず2,000円分だけ先払いしたものの、実際の利用時間は2,050円分だった時などは、電話が切れてしまう事があります。占いの最中に電話が切れてしまうのは、少々困るでしょう。
しかし後払いの場合は、強制的に切れてしまう事もありません。あくまでも利用した分だけお金が請求される形になるので、じっくりとサービスを利用する事ができます。
このように、後払いには色々なメリットがあります。ですから電話占いを利用している方は、後払いで支払っている事も多いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*